ページの先頭です
メニューの終端です。

介護保険制度改正について

[2016年3月3日]

ID:57

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

介護保険制度が変わります! 介護保険制度改正のポイント(平成27年度)

1.特別養護老人ホームの新規入所対象者が見直されます(平成27年4月~)

特別養護老人ホームへの新規入所は、原則、要介護3以上の方が対象となります。(既に入所している人は除きます)。
ただし、要介護1・2の方でも、やむを得ない事情により在宅生活が困難な状況にある場合は、特例として入所が認められる場合があります。

2.65歳以上の方で一定以上の所得がある人の利用者負担が1割から2割に変わります(平成27年8月~)

2割負担になる人

本人の合計所得金額が160万円以上の人
ただし、世帯の65歳以上の方の「年金収入+その他の合計所得金額」が、単身で280万円、2人以上の世帯で346万円未満の場合は、1割負担になります。
※要介護・要支援認定を受けている方は、7月に役場から「介護保険負担割合証」を交付いたします。

3.高額介護サービス費の負担上限額が変わります(平成27年8月~)

1ヶ月の利用者負担が所得に応じた一定の上限額を超えたときは、超えた分が払い戻されます。一般的な所得の方の負担上限は、37,200円ですが、下記(1)、(2)の両方に該当する方がいる世帯の方については、負担の上限が44,400円に引き上げられます。

(1)同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の方がいる
(2)(同一世帯内の65歳以上の方が1人の場合)65歳以上の方の収入が383万円以上
 (同一世帯内の65歳以上の方が2人以上の場合)世帯内の65歳以上の方の収入が合計520万円以上

4.施設入所時の食費・部屋代の負担軽減の基準が変わります(平成27年8月~)

低所得者の方(本人および世帯全員が町民税非課税者)であれば、「介護保険負担限度額認定証」を交付し、介護保険施設やショートステイを利用する場合の食費・部屋代の負担軽減を行っておりますが、以下の場合には、負担軽減の対象外となりました。

  • 世帯分離している配偶者が町民税を課税されている場合
  • 本人および配偶者の預貯金等の合計額が2,000万円(配偶者がいない場合は1,000万円)を超える場合

5.その他

その他の改正点については、以下をご覧ください。

お問い合わせ

斑鳩町役場 住民生活部 長寿福祉課 

電話: 0745-74-1001(内線:123,126)

ファックス: 0745-74-1011

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

住民生活部長寿福祉課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


Copyright (C) Ikaruga town All rights Reserved.