ページの先頭です
メニューの終端です。

緊急事態宣言を受けての町長からのメッセージ(5月8日更新)

[2020年5月8日]

ID:1718

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

斑鳩町独自の支援策に関する町長メッセージ

このたび、緊急事態宣言の期間が、全都道府県を対象に、5月31日まで延長されました。

奈良県内においては、感染者が減少傾向にあるものの、この1週間以内においても、新たな感染者が発生しているとともに、近隣の大都市においては、まだまだ新たな感染者が多く発生している状況からも、ここで対応を緩めてしまうとまた、感染者が、再び増に転じる懸念があると考えております。

住民の皆さまには、引き続きの感染拡大防止に対する取り組みをよろしくお願いいたします。

こうしたなか、町といたしましても、皆さまの不安を少しでも和らげるため、そして生活を守るため「感染拡大防止策への支援」、「家計への支援」、「事業者への支援」の観点から、町独自の次の7つの支援策を実施します。

 

(1) 町内の全世帯へのサージカルマスクの配布(1世帯あたり50枚)

(2) 町内の医療機関、介護・障害者施設等へのサージカルマスクの配布

(3) 子育て世帯生活支援給付金の支給(対象児童1人につき1万5,000円)

(4) ひとり親世帯生活支援給付金の支給(対象児童1人につき1万5,000円)

(5) すべての給水契約者に対する水道料金(基本料金)免除(2か月間)および

 消毒液(次亜塩素酸ナトリウム溶液)の提供

(6) 中小企業者等事業継続支援金の支給(1事業者につき10万円)

(7) 感染症対策用備蓄品の充実・補充(災害発生時の指定避難所や公共施設等)

※詳しくは、新型コロナウイルス感染症に対する斑鳩町独自の支援策をご覧ください。


これらの施策を実施していくとともに、今後も新型コロナウイルス感染症に関する必要な施策を講じるなど、柔軟に対応してまいります。

また、この感染症の収束後を見据え、直ちに地域経済の活性化対策等に取りかかれるよう準備を進め、施策の展開を図ってまいりますので、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申しあげます。

 

令和2年5月8日

新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのゴールデンウイークに向けた町長メッセージ

住民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症への対応が長期化するなか、外出の自粛、そして、学校や施設の休業など感染拡大防止にご協力をいただいておりますことに、厚くお礼申しあげます。

また、医療関係者の皆さま、介護・福祉関係者の皆さま、子育て支援に携わる皆さまなど、住民の生活を守るため、日夜献身的に業務にあたられている皆さまのご尽力に、心から敬意を表する次第でございます。

4月16日に緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大され、まもなく2週間が経過しようとしています。こうしたなか、全国の感染者数は1万人を超え、奈良県内においても、感染者の爆発的な増加は見られないものの、予断を許さない状況が続いております。

ゴールデンウイークを迎えるなか、いつもは離れて暮らすご家族やご親戚に会いたいなどのお気持ちもあろうかと存じますが、皆さまには、他府県への移動はもちろん、県内においても、生活の維持に必要な場合を除き、旅行や帰省などの不要不急な移動は極力控えていただくようお願いいたします。

4月22日、政府の専門家会議は、具体的な行動指針として「人との接触を8割減らす10のポイント」(別ウインドウで開く)を提言し、行動変容を呼び掛けています。まさに、今が正念場です。地域での感染症拡大を防ぐため、一人ひとりが新型コロナウイルスに「うつらない、うつさない」という思いを持って行動していただくようお願いいたします。

なお、政府において示されております、1人につき10万円の給付が受けることができる特別定額給付金(仮称)事業につきましては、町といたしましても、できるだけ早く、申請書が皆さまのお手元に届くよう努めてまいりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

自分を守ること、そして自分の大切な人を守る行動が、地域社会を守ることにつながります。困難が伴う状況ではありますが、住民一丸となって、この難局を乗り越えることができるよう、今一度、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申しあげます。


令和2年4月28日


新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を受けての町長メッセージ

昨日、政府から東京都、大阪府など7都府県に対し、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されました。

この宣言を受け、対象地域の知事は、生活の維持に必要な場合を除く外出自粛要請や、学校や映画館、百貨店などの使用制限・停止のほか、イベント開催の制限・中止の要請・指示などの緊急事態措置を実施することを表明されております。

現時点において、奈良県は、緊急事態宣言の対象地域には、含まれていませんが、本町は、対象地域となる大阪府への通勤・通学者が多く、奈良県内においても感染者が増加傾向にあります。

このことから、住民の皆さま方には、ご自身、そしてご家族や身近な大切な人の命を守るという観点から、

(1) 対象地域への不要不急の外出を控える。

(2) 感染リスクが高い環境である「密閉」、「密集」、「密接」のいわゆる「3つの密」の場を避ける。

(3) こまめな手洗いや咳エチケット、消毒などの基本的な感染症対策を実施する。

(4) 風邪症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く、強いだるさや息苦しさがある方は、必ず帰国者・接触者相談センターに相談のうえ、帰国者・接触者外来を受診いただく。

といった感染拡大を防ぐ取組みを実践いただくとともに、国や県、町などからの正しい情報に基づいた冷静な対応を心がけていただきますよう、お願いいたします。

また、町立小学校・中学校におきましては、始業式から安心して新学期を迎えることができるよう、さまざまな感染症拡大防止対策を講じてきたところでありますが、本町が属する郡山保健所管内でも感染者が発生するなど、感染症拡大の状況が深刻さを増し、予断を許さない状況となっております。

こうしたなか、町立小学校・中学校につきまして、4月9日(木)から17日(金)まで臨時休業としておりましたが、緊急事態宣言が発令されたことを受け、5月6日(水)まで臨時休業期間を延長することといたしました。

また、町立幼稚園におきましても、4月13日(月)から5月6日(水)まで新たに臨時休業することといたしました。

なお、臨時休業にあたりまして、町立小学校では、休業期間中、一時預かりを、町立幼稚園では、保護者の申出により、保育の受入れを実施してまいります。

子どもたちや保護者の皆さま方には、大変なご苦労やご不便を強いることとなり、また、学校再開を望まれる方もおられることも存じあげますが、子どもたちの健康を守ることを第一に考え判断したものであり、どうかご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

感染症拡大防止については、町民皆さま方、お一人お一人のご協力なしに行うことはできません。

さまざまなニュースが連日、報道されるなか、未知のウイルスで姿が見えず、この状況がいつまで続くかわからないという点から、強い不安や恐怖により、心の不調やストレスを感じておられる方も多くいらっしゃることと重々承知しております。

このような大変な時こそ、聖徳太子の説かれた「和の心」で町民一体となって、この危機を乗り越えていきたいと考えておりますので、 皆さまのご理解、ご協力をあらためてお願い申しあげます。

 

令和2年4月8日

お問い合わせ

斑鳩町役場 総務部 総務課 

電話: 0745-74-1001(内線:262, 263, 271~274)

ファックス: 0745-74-1011

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


緊急事態宣言を受けての町長からのメッセージ(5月8日更新)への別ルート

Copyright (C) Ikaruga town All rights Reserved.